東京ショールーム
大阪ショールーム
お問い合わせ
Facebook
ブログ

クオリティアップの取り組み

HOME»  クオリティアップの取り組み

クオリティアップの取り組み

ラカリテは医療施設を設計(施工)をする上でいくつかの基準を設けております。
それは、10年20年という期間を維持させる為には必要なことだからです。

もちろんコストは重要な要素ではありますが、安価な材料選定や期限の過ぎた設備の転用、目に見えない下地部分などでのコストを抑えると必ずメンテナンスという形で表れてきます。

ラカリテは基本スタンスを設計施工という立場で受注させて頂いておりますが、それは経験の中で学んだ「品質を守る」為には必要不可欠なことと考えています。

工事期間中は、中間検査の日程を組み込み、全業者及び機器メーカー立会いのもと、下地、配線、配管などの隠蔽物のチェックを行い、引渡し前には、担当者だけではなく社内全員いに依る第三者チェック「社内検査」を行い是正をした上でお客様へ引渡しをさせて頂いております。

社員全員が、常に学びの心を持ち、現状に満足することなく、日々より良い材料の模索、検証、施工精度の向上を目指して取り組んでいます。